水道管更新・更生工事

■ 水道管に関するお悩みは当社が解決します!

「水漏れ・水詰まりが頻発する」
「新築から10年以上経過しているので、配管の劣化が心配」

こんなお悩みはあれば、当社にご相談ください。
水道管の更新・更生工事で解決することができます。

配管の使用年数や劣化状況、コスト、施工期間などによって異なります。お客様の建物の状況によって最適な施工方法を提案いたしますので、詳しくわからなくてもご安心ください。

■ 更新・更生工事の違い

○更新工事

更新工事とは、配管そのものを新しいものに取り替える工事のことを指します。

新しいものに取り替えるため、耐久年数は長く衛生面でも安全性が。また腐食による劣化が抑えられるため、漏水のリスクが少なくなるというメリットもあります。

しかし、費用が高くなる・工事日数がかかってしまうなどのデメリットもあるため、よほど劣化がひどい場合でない限りは、後述の更生工事を選ぶ手もあります。

○更生工事

更生工事とは、古くなった配管の中に新しくパイプを作ってしまう工事のこと。どのような環境の現場でも柔軟に対応可能なため、採用されることが多いです。

新しいものに取り替えるわけではないため、短工期・費用が安いといったメリットがあります。

しかし、配管の内側を削るため老朽化が進んだ配管には対応できず、施工から10年程度経てば更新工事が必要になるという点は注意する必要があります。

【代表直通】 090-8037-3438
【事務所】 042-457-8139
【営業時間】 9:00~18:00
【定休日】 日曜
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 多摩地区を中心とした近隣エリア
         ※ご不明な場合はお問い合わせください

一覧ページに戻る